伝統工芸

古くから大陸と往来が盛んであった博多には、織物や焼物などの技術が伝えられ、それが工芸品となって今に残っています。それは、素焼きに直接彩色を施した博多人形、約400年の歴史を持つ古窯・高取焼、弁当箱など生活用品として愛用される博多曲物、帯やバッグ、ネクタイなど多彩に展開される博多織など。伝統の技が生きる良品が揃っています。
博多人形「孫」

博多人形「孫」

人形作家が様々な想いを込めて作る博多人形。愛らしさや優しさ、美しさを表現した豊かな心を伝える人形には、伝統を継ぐ匠の技が息づいています。博多人形を愛する増屋には、作家の想いが詰まった作品が数多く並んでいます。
博多人形「夢」

博多人形「夢」

"博多随一の老舗"で"博多唯一"の博多人形専門店。第一線で活躍する三代目店主は、こだわりの作家から選りすぐりの作品を厳選、オリジナル博多人形の企画や制作も手がけます。本物の博多人形に触れたい時、頼りになるお店です。
博多人形「恋ひ恋ひて」

博多人形「恋ひ恋ひて」

女性人形師 川崎幸子が作る万葉の世界。日本に現存する最古の和歌集である「万葉集」の唄をイメージし、人形に作り上げました。恋する女性の切ない想いを、あでやかに、繊細に、表現しています。
博多人形「博多っ子」

博多人形「博多っ子」

ローマ法王に謁見・作品献上した人形師、中村信喬さんに博多っ子の人形を作って貰いました。博多のおみやげに博多っ子はいかがですか。オリジナル商品ですので、法被の柄の変更もできますよ。
高取焼「高取七宝透下蕪花入」

高取焼「高取七宝透下蕪花入」

400年を超える筑前福岡藩の藩用として薄造りの器に、7種類野間の釉薬を施し用の美として、茶人を魅了する茶器を制作。近年は、特徴を活かした食器をLIENのブランド名で提案しています。
博多曲物

博多曲物

曲物とは杉の征目板を曲げ、桜の皮で縫い綴じ、底をつけた容器のことです。代表作はポッポ膳。おひつや弁当箱などの日用品に限らず、ワインクーラーやCDケースなど生活の中で和と癒しを感じさせる商品も作り出しています。